兵庫県尼崎市ホテル

尼崎市 出張マッサージ ご利用可能実績
ホテル名
電話番号
住所
実績
尼崎プラザホテル
06-6483-1100
尼崎市東難波町5-16-26
サンホテル尼崎
06-6417-1300
尼崎市宮内町1-26
×
尼崎セントラルホテル
06-6411-5000
尼崎市昭和南通4-30
ホテルホップインアミング
06-6491-0002
尼崎市潮江1-4-1
都ホテルニューアルカイック
06-6488-7777
尼崎市昭和通2-7-1
リブマックス尼崎
06-6412-8001
西御園町119-1

尼崎市
※その他のホテルにつきましても、お気軽におたずね下さいませ。

兵庫県の南東端に位置する。南は大阪湾に面し、西は西宮市、北は伊丹市、北東は豊中市、東は大阪市(西淀川区及び淀川区)に接しており、市域は大阪平野に含まれる。兵庫県下第4位の規模の人口(かつては県下2位であったが、人口減により姫路市および西宮市に抜かれた。ただ、人口密度は兵庫県内で最も高く、日本国内においても20位以内に入る。後述)を有しており、中核市の指定を受けている。公害問題を抱えていた歴史から中核市指定以前から保健所政令市に指定されている。

主に市南部に工業地域、中南部には商業地域、そして市中部から北部にかけて住宅地が広がる形で発展している。鉄道を利用することにより、20分以内に大阪市や神戸市の都心へ到達することが出来るが、旧尼崎藩領や旧旗本領の元農村地域を中心に構成された工業都市であり、尼崎独自の都市圏を構成するために、大阪のベッドタウンとしての要素は薄く、拠点性がある。また、南部の海岸部は阪神工業地帯の中心部でもあるが、埋立地の部分が多く、海抜ゼロメートル以下の地域が少なくない。

明治初期、旧尼崎藩士族や地主の出資による近代紡績工場設立の際、資金難からやむを得ずに商業地大阪の資本参加を受け入れ、繊維取引の場所である大阪船場との電話通信費節約の目的で大阪市内から直接電話回線を引いたため、以来、市外局番は兵庫では唯一、大阪と同じ「06」となっている(#市外局番も参照)

同じ幕府大坂城代の管轄地だった商業地の神戸市に比べ、商業地である大阪市との交流は、元々、農漁村地域であった西淀川区や此花区などを除いてほとんどなく、伊丹市、宝塚市などに広がる旧尼崎藩領地域の元農村地域を中心にした独自の中小都市圏を構成している[要出典]。それらの尼崎都市圏の交通手段として尼崎市営バス、伊丹市営バス、阪急バス(主に縦断)、阪神バス、阪神電気鉄道(本線・阪神なんば線)、阪急電鉄(神戸線・伊丹線)、JR東海道本線(神戸線)、JR福知山線(宝塚線)、JR東西線がある。

近年は、JR西日本や阪神沿線を中心とした市中南部の再開発事業にも力を入れており、これらの地域でも高層マンション群や巨大商業施設が多くみられるようになった。JR尼崎駅北側では大規模な開発計画(あまがさき緑遊新都心)を予定しており、その中核施設として阪神百貨店・平和堂を核としたショッピングモールであるCOCOEが2009年10月にオープンしている。

その一方で、2005年11月には海岸部の関西電力尼崎第三発電所跡地に、松下プラズマディスプレイ[1]の工場(松下プラズマディスプレイ第3工場)[2]が完成。大阪にほど近い立地条件の強みを生かし、衰退した工場用地を積極的に再利用しようとする動きも加速し、これに伴う人的な流動や同工場へと部品を調達する下請け企業の進出なども期待されたが、プラズマテレビの販売不振により、尼崎第1・第3工場が停止、残る第2工場も早ければ2014年度中の撤退が決定している[3]

なお、市民人口は1971年度の554,155人から減少を続けていたが、前述のような理由により、徐々に減少傾向は緩やかになり、2008年は37年ぶりに人口増加に転じた。

尼崎市で出張マッサージの実績のあるホテルは6件です

求人募集

私たちと一緒に楽しくお仕事をしませんか?

クレジットカード

ディアロマ ツイッター

ディアロマ フェイスブック

ディアロマ ブログ

ディアロマとは

dearoma(ディアロマ)は大阪市内を中心に出張アロマオイルマッサージ専門店です。20代の洗練された女性セラピストが中心に在籍しております。大阪市・吹田市・豊中市・尼崎市は交通費無料でお伺い致します。